新興企業への投資は逃げ足が速い


男性 55〜59歳 無職

日本株は低迷しています。一時期の世界同時株安の危機はひとまず薄れ中国・欧米の株は堅調、進む円高を横目に日本株の独歩安が目につきます。しかし日経平均株価が値を下げ、大型株が振るわないなかマザーズ銘柄は好調です。東証マザーズ指数は1000の大台を超えて、中々力強い動きです。東証マザーズは新興市場で、銘柄は小型株で動きが速いです。バイオ・人工知能・自動運転・フィンテック・介護ロボット、話題が出ると怒涛の上げが始まります。ビットコイン・金融再編・フィンテックで上げ上げの関連銘柄に投資してみました。次の日の朝爆上げで始まりストップ高!上手く行ったと買い物に行って帰ってきたら何とマイナスになっていました。ストップ高からいきなりマイナスへ。特に悪いニュースが出たわけではありません。本当に逃げ足が速いです。

次回への対策

新興市場の銘柄は本当に逃げ足早く、乱高下あり、要注意です。

コメントを残す