戦略のみに注目し、本質を見誤った投資信託選択による損失


男性 30〜34歳 会社員

ロングショート戦略をとる投資信託を購入した。
しかし、ハイウォーターマーク(基準価額が一定基準を超えると成功報酬が発生する仕組み)が付いていたこと、高額な購入手数料のため基準価格上昇が抑制される。
その投資信託の運用失敗により、基準価格は下落し、購入時の半分の価格で損きりを実施した。

今にして思えば、ハイウォーターマークや高額な手数料を払わなくても同様の投信があるし、
そもそも、こういった複雑な構造の投資信託に手を出す必要はないと思う。

次回への対策

複雑なもの、訳のわからないものには投資をしないこと。

コメントを残す