株式市場の違いで失敗


男性 50〜54歳 自営業

株式市場には「東京証券」いわゆる「東証1部」や名古屋「名証」やまた「ジャスダック」「マザーズ」などの俗に言う「新興市場」があります。東証一部が一番有名で名の知れた大企業などは殆ど東証なのでこの市場で取引するのが初心者にはいい。と元証券マンの知り合いからはアドバイスされておりました。要するに「新興市場」はリスクが大きいということです。ギャンブル性が高く、株価が乱高下するようです。この忠告を守ればよかったのですが自分も知っていたブランド会社がマザーズに上場し、人気もあったので思わず購入してしまいました。どんな新規も最初は思い切り値があがります。もっと上がるとそのまま持っていた自分がバカでした。それは一気に急下降、その後も下降の一手です。いつか少しでも戻ることを待って持ち続けましたが、見事に裏切られました。結局半額以下となり大赤字です。それ以降新興市場には手を出していません。

次回への対策

特に新規上場株はご祝儀価格もあって物凄い値がつきますが利益確定売りのあと一気に下がりますので素人はあまり手を出さないのが得策

コメントを残す