日本銀行が新たな金融政策を打ち出した時に、損しました


男性 45〜49歳 会社員

今年の1月下旬に、日本銀行がマイナス金利の導入を決定したときに、株価が大幅に急上昇しました。そのとき、私は迷うことなく証券株を数万株買いました。なぜなら、過去の2014年と2013年での、日本銀行の新たな金融政策の発動のときは、日経平均が1000円以上上昇したからです。このときも自分は大量に証券株を買って、かなりの利益をあげました。ところが、今年1月の日本銀行のマイナス金利の導入のときは、13時頃から株価が急上昇したのですが14時過ぎには株価が急反落してしまいました。私はその日は持ち越したのですが、翌営業日もさらに次の日も株価は下落し続けてしまい、私は証券株の損切りを余儀なくされました。
日本銀行の金融政策発動に無条件で反応することは、きわめて危険だと思った次第です。

次回への対策

コメントを残す