焦りは禁物、継続は力なり。


男性 無回答 無職

誰もが投資を始める時は、資産を増やしたい、空いた時間に小遣い稼ぎをしたい、と思います。負けることは予測していません。従って、負けると熱くなり平常心を失ってしまいます。私も小遣いを増やしたいと思い、30万の資金で始めました。案の定、負けが続き、エントリーしてはいけない場所で無謀なトレードを続け惨敗しました。資金は2日と持たず、3日目には20万円を追加しました。
冷静にトレードしていれば、小さな負けで済んでいたのです。また我慢していれば勝ちに変わっていたのです。その後も負ける日が多く、投資金が10万に減った時に気づいて、一から見直しました。今は小額で経験を積むことに主力を置いています。

次回への対策

FX会社では、初めての方の練習用としてデモトレーディングを用意しています。しかし、これはあくまでもFXの知識を増やすためとFXアプリの操作練習用と見るべきです。デモトレーディングで勝てているからと言って、本トレードで勝てる訳ではありません。架空のお金で投資するのと実際に自分のお金を投資するのとでは、その心理面がまるで違います。ですから、操作になれたらそのFX会社の最低金額から始め、出来るだけ長く続けられるようにすることです。少しくらいなら負けていても、継続は力になります。それと生活費や老後等に必要なお金では絶対にしないことです。少しでもゆとりと落ち着きを持って始めないと、必ず失敗します。もし私が生活費に必要なお金でFXを始めていたならば、今頃は火の車状態です。家庭崩壊かもしれません。

コメントを残す