値動きの激しい株の取引で一発を狙い大損しました。


男性 40〜44歳 診療放射線技師

本業で収入が増えず身動き取れない時に頼るは以前から取引していた株式の取引で大損しました。2014年5、6月頃だったと思います。その頃、山中教授のノーベル賞受賞に日本が湧き、バイオ関連の銘柄に注目が集まりました。こちらは身動き取れない状態だったため、一発を狙い資金投入。投入してしばらくはプラス圏でしたが、その後、急降下。30万円台で買った株がみるみるうちに10万円台に。唖然と株価を見ているしかありませんでした。株の怖さを思い知った一例ではありますが、冷静になれば20万円台もしくは30万円台で損切りしていれば損も数万だったと今までの唯一の後悔です。

次回への対策

値が動き始めた株に手を出したら、数万の利益があればいいとこだと思います。そこから数十万の利益は期待できません。また、上がりきった株かどうなのかの判断も必要です。右上がりの株、二段三段上げの株は相当な実力がないと現実味ありません。

コメントを残す