ストップ高になると待てない


女性 40〜44歳 専業主婦

株式投資をしていると、企業の決算発表などでストップ高になることがよくあります。
今まで沈黙していた株がストップ高になると利益が出たと思い慌てて株を売ってしまうと、
翌日もストップ高、そして翌々日もということになりもう少し売るのを待っていれば利益が大きかったのにと後悔することがあります。
ストップ高というのは買う人が多いのでまだまだ株価上昇の余地があるのに、目先の利益だけで株式売買をし利益を逃してしまいます。
損こそは出ていないものの、株式投資の上で利益を逃すのは投資失敗と同じ事だと思います。

次回への対策

ストップ高が一日で終わるということはあまりないので、株は売らずにじっと待つ事も必要だと思います。
なぜストップ高になったのかを調べて、まだまだ上昇しそうならば売却を我慢することも大事だと思います。

コメントを残す