ナンピン買いのリスク


女性 35〜39歳 会社員

リスクヘッジ手法として知られるナンピン買いですが、それが有効となるためには、短期的には下落局面にあるが長期的には上昇トレンドという条件が絶対である、そんな当たり前のことを改めて実感した年末年始でした。私がその銘柄を初めて購入したのは2013年2月、比較的ボラティリティが高い銘柄であったため、昨年の夏までに何度か売買を繰り返しました。そして昨年8月の大暴落。ここで保有していた株は仕方ない、と塩漬け覚悟で諦めるべきでした。しかし、それまでの過去2年間はナンピン買いが成功していたことから、その後10月、12月と買い増ししてしまったのです。そしてその結果は、単に損失を大きく増やしただけでした。購入時から6割以上価格が下落した株を抱え、いつか価格は戻るのだろうか、果たして何年掛かるのだろう、と頭を抱えています。

次回への対策

コメントを残す