売買単価の価格が高い株でナンピンで大失敗


男性 40〜44歳 会社員

大型株で売買単価が大きい株(一単位30万円程度)を購入した。購入した理由は、財務状況もよくビジネスの状況も悪くない株で、しかも高配当だったからだ。しかし、日本円が円高に振れる度に株価が下がり、ナンピンすることで購入単価を下げようとした。大型株で外国人投資家の保有が多いため、円高に振れた時の下落は半端ではなく、ナンピンを入れようにも、私の軍資金では1000株買うのがやっとだった。下がるたびに100株買い続けたがとうとう、軍資金が切れナンピンができなくなり塩漬けになってしまった。

次回への対策

軍資金の金額に合わせて、売買単位と株価を確認して、ナンピンが十分ナンピンができるようにしておくべきでした。ナンピンも5%下がったからではなくて、ファンダメンタルが良ければ、10%下がったから買いに行くなど、ルールを決めたほうがいいと思う。

コメントを残す