FXで損切りをせず頑張って貯めた貯金を全て失いました


女性 25〜29歳 主婦

 生活を切り詰め、貯金すること数年間でようやく100万円が貯まったので、アベノミクス最盛期だった2015年6月頃にFXを始めました。開始早々損切りの連続で負け続け、原資が半分以下になってしまったため、起死回生を掛けてハイレバレッジで損切りをしないトレードスタイルに変更しました。何も考えず半丁博打のような形でポジションを持ち、逆行しても決して損切りをせず、戻ってきたらすぐに利益を確定するという方法です。結果、半年後には原資を回復するどころか1.5倍まで増やすことができました。当時は必勝法を見つけた気でおり、ネット上でよく目にする「損切りをしないといつか退場する」とのアドバイスも、「負けさせるために嘘を教えているんだろう」くらいにしか感じておりませんでした。
 ところが、12月下旬から相場が一転、円高が一方的に進んでいきました。最初の頃は、どうせしばらくしたら戻ってくるくらいに思っていましたが、待てど暮らせど値は戻ってきません。それどころかレートをチェックするごとに自分のポジションとは逆行していき、毎日が憂鬱で半ば鬱状態にまでなりました。その頃には、含み損の額もとてつもない額になり、もう自分では損切りを出来ないレベルにまでなっていました。そして事もあろうか、生活に必要な貯金を入金しロスカットを免れるようになっていったのです。しかし、それでも逆行は止まりませんでした。結果、当初原資の100万円が全て無くなるどころか、生活貯金の30万円までも無くなってしまい、退場となりました。今は損失を取り戻すべく内職でコツコツとお金を貯めています。

次回への対策

 必ず損切りをしてください。いつかは戻ってくるかもしれませんが、それを待っているだけでは投資機会を失っていますし、精神的にも良くありません。自分の予想と逆行した場合に損切りをするラインを決めてトレードを行った方が間違いなく生き残る可能性は上がると思います。先人たちの教訓は守りましょう。

コメントを残す