健康を意識し過ぎで不健康


女性 25〜29歳 事務職

社会人になって学生の時にはない緊張感、仕事でのプレッシャーでそれまで体調を崩すことなどほとんどなかったのに原因不明の体調不良が続きました。カラダが資本と、それ以降食事や運動に気をつけるようになりました。無添加のものや、手づくりについて、調べれば調べるほど普段いかに添加物やカラダに悪いものを口にしていたかが分かりました。徐々に外食が怖くなり、食品表示を見なければ買い物ができなくなり、逆に偏った食生活になっていました。カラダにとってはよかったかもしれませんが、気にしすぎて気持ちが疲れてしまいました。

次回への対策

なにごとも気にしすぎないこと、やりすぎないこと、ほどほどであることが大切だと感じてします。いくらカラダにいいことをしていても、それで疲れてしまったら本末転倒です。

コメントを残す