美容院まさかのシンメトリー


女性 20〜24歳 歯科衛生士

学生時代にお母さんからの「どうしても」の頼みに折れて嫌々ながら行かされた美容院。
普通でお願いしますとリクエストする私に美容院のおばちゃんからまさかの言葉が
「普通ではつまらない!」切られるのは自分なので抵抗するも聞いてもらえずに
当時流行りの左右非対称のシンメトリーのヘアスタイルにされました。
たぶんおばちゃんTVか何かで見てどうしても1度試してみたかったのでしょう。
被害者の私と言えば速攻で家に帰り自分で髪を切りました。あの店2度と行くもんかと思いながら。

次回への対策

美容院はリラックスする為の空間であるのにまさかの地獄のような時間を過ごしました。髪は女の命でもあるので
安易なお店選びに気をつけてください。

コメントを残す