話し合いはシラフの時に


女性 45〜49歳 会社役員

引っ越し用に荷物をかなり処分した筈なのに150箱程あった我が家。ちなみに二人暮らし。独身時代10回以上引越しを経験していても夫との相談が重要となる今回は何度も何度も話し合いをして家具の配置や段取りについて決めていくことに。酒好きの夫と夜に込み入った話をするのは大変。意見の対立が毎回口論に発展してストレスマックス。行きつけの居酒屋でも口論。店長さんゴメンナサイ。口論に発展したいきさつを「怒りながら忘れている」人だと20年掛けて知っているのにコチラも感情的になってしまって苦労しました。論点は単純なものばかりで「箱に書く指示の内容」だったり、書く事を分担了承した夫に「ちゃんとやってね」と言うと「なんで俺だけが」という謎の怒りモードに遭う等。シラフや軽い飲酒だと本当にオトナの対応してくれる優しいダンナ様なのですが・・・話が通じない手ごわさを痛感しました。引越し後の片づけも察してください(笑)

次回への対策

込み入った話に限らず、タイミングの判断は気をつけましょう。寝起き・帰宅直後・就寝直前・TV注目や深酒モードなど「今その話必要?」と思われる時や「相手の思考が正常じゃない」時は怒りスイッチがどこにあるか分かりにくい上に突然の勃発になりかねないです。今は無理だろうな、と思ったら時間を先に決めたり早めに危険察知できる様にアンテナを張り巡らせましょう。(記憶なくしモードで怒り始めたら話を止めるルールにしています。私だけが延々覚えているのですけど:涙)

コメントを残す