自分より年上で、仕事ができる部下との人間関係での失敗


男性 40〜44歳 介護

当事、私は30歳で部長を任せられました。当然、周囲には私より早く会社に就職した先輩や年上の方はもちろんのこと、正直、私よりも仕事が出来る方が何名かおりました。その中のひとりの方とこれまではお互いが主任級という立場ではあったものの、資格の違いや業務内容などで別の役割を担っていたこともあり。お互いが相談しあい、より良い関係が築けていたのですが。ちょうど、その年から会社でも人事評価を取り入れたこともあり。私がその年上の方の評価をすることになりました。もともと資格や業務が違う方ですから評価ポイントはあるもののどのように評価するべきか?こちらからみて不足している部分に対してどのようにフィードバックし理解していただくべきか個人的にも悩み、上長ともよく話し合ったりはしたものの、特別改善されることもなく、業務をこなすことだけで精一杯の状況でした。そのことに嫌気がさしたのか?些細なことで口論したのをきっかけに人間関係がギクシャクし、お互いがメールで重箱の隅をつつくだけの間柄となってしまい、気付いた時には挨拶をかわすことすらもなくなっていました。

次回への対策

多忙で時間がとれない場合、相手とのコミュニケーションをメールで済ましてしまうことが多くなってしまいます。そのことで変な誤解を招いてしまうことがあるので、内容によっては、きちんと相手の顔を見て会話することが必要だと感じています。

コメントを残す