相手の愚痴に正論はいらない


女性 25〜29歳 専業主婦(元会社員)

私に上司の愚痴を言ってきた同僚に、「自分がもっとこうすれば良かったんじゃないか」と正論を言いました。
同僚は他の従業員さんに「私さんにこう言われた」とまた愚痴を言い、一時期ハブにされました。
愚痴を言ってくる同僚は、ただ愚痴を聞いてほしかった、辛さを共感してほしかっただけでした。
のちに、私も愚痴をこぼしたくなるほど嫌なことがあり、それを当時付き合っていた彼氏に話しました。
すると、彼氏は「でも相手はこうだったんじゃないか」や「気にしすぎ」と言い、私は拒絶された気分になりました。
私も同僚にこんな思いをさせていたのだなと気づかされました。

次回への対策

どんな話でもまずは同意しておき、それから自分の話や意見をすることがポイントです。
「そうだね」「辛かったね」「それは嫌だったね」という言葉がけだけでもいいので、ぼかしながら返事をするだけでもだいぶ違います。
愚痴をこぼす人は、ただ話を聞いてほしい、共感してほしいだけなのです。

コメントを残す