口は災いのもととなる。


女性 40〜44歳 会社員(事務系)

わたしの係に新人として、わたしよりも年上の女性が入社してきたとき、上司から「仲良くするように。よく面倒みて」と言われたので、いろいろ教えてあげて、せっせとお世話もして、仲良くしようと努めたのですが、実は、人間的にとても根性の悪い、したたかな人だったため、入って半年後、彼女はその本性を発揮し、まずその上司と「関係がある」ことを匂わせられ、動揺しているわたしをしり目に、わたしのポジションを乗っ取ろうと企み、その上司に取り入って、わたしのあることないこと言い立てて、すっかり評価の悪くなったわたしに対して、高笑いをした彼女。つまらないことではあるけれど、今まで、気を許していろいろ話したり、面倒をみてあげていたわたしをものの見事に裏切った女に、最初からひとを信頼しすぎて、気を許しすぎた自分が情けなく思えて仕方がなかった。

次回への対策

最初から、ウエルカムで相手を信頼して、大きく風呂敷を広げ、見せてしまうのではなく、人との付き合い方は慎重に、様子を見ながら、距離を最初から縮めないようにしたいと思います。親しみをもって、でも礼儀正しく。あまりのバカ正直に、お人よしの根性を面白いように利用されないよう、気を付けたいと思いました。

コメントを残す