コミュニケーションで大切なのは楽しいおしゃべりではありません


男性 30〜34歳 サービス業(宿泊施設)

大卒で就職した職場での失敗体験です。当時私は今でいう「チャラい」という人種で、なるべく周囲の人達と楽しい話をすることが一番大切なコミュニケーションだと考えていました。若さの勢いもあって、上司や異性にもどんどん話しかけておりました。そのうち私は「ウザったい」キャラクターになってしまい、女性社員から嫌われてしまい、仕事に支障が出てしまいました。その場は上司のとりなしで事なきを得ましたが、やはり溝は大きく、結局は翌年に退職することになりました。10年ほど前の話ですが今ならセクハラで訴えられてもおかしくなかったです。

次回への対策

人間関係で大事なのは、ナチュラルな、相手に合わせたコミュニケーション。沈黙を怖がらずに聞き役に徹することも必要。

コメントを残す