接客をする上でマニュアル化しづらい事例によって失敗しました


女性 25〜29歳 アルバイト

私は接客業をしています。わりとお客さんとはすぐに仲良くなれるので、とても楽しんで仕事をしています。
ですが、時にどう接するべきか分からないお客さんがいます。
それは身障者の方です。私の勤めているお店には、何人か目の見えづらい方が来店して下さるので、できるだけ丁寧にご案内をしようと思っていました。
そのうちの1人は、素直に助けを求めてくるタイプの方でした。たまに「サービスが悪い」と苦情を言われる事もありますが、しっかり対応すれば最後は分かってくれる方です。
親切に接客すれば伝わると思って頑張っていました。
しかし、2人目の方はまったく逆でした。丁寧に接客をしようと心がけただけなのですが、「しつこいんだよ!自分でできるんだから、放っておけよ!」と酷く嫌がられてしまいました。親切心でした事でしたが、ここまで拒否されるとは思わずショックでした。

次回への対策

優しく接する事で不機嫌になる身障者の方も居るのだと思うと、目が見えないからとか耳が聞こえないからとかで優しくしすぎるのは良くないのかもしれません。
相手の方の様子をみつつ、対応を変えようと思いました。

コメントを残す