クラスで浮いた存在になっていた。


男性 30〜34歳 派遣社員

高校一年生の時の事です。
今は地元を離れているのでどうかわかりませんが、通っていたの当時はあまり評判も偏差値も良くない学校でした。
真面目な生徒か素行の悪い生徒かの差が激しい中で、僕は真面目なグループに属していました。
そんな学校でもちゃんと学校行事はあるもので、学園祭の時期がやって来ました。
うちのクラスは模擬店をやることになったのですが、もちろん誰も協力するわけも無く、担任の先生は初めから僕たちのグループに全て任せてくれました。学級委員長とかがいるわけでもないのですが……。
任された以上は成功させようと僕は張り切りました。材料の仕入れから当日の店番まで指示し、率先して先頭に立ってやり遂げ、見事にいくらかの黒字を出しました。
ですが、それは僕一人が張り切っていただけのようで、学園祭が終わった後から、グループの誰も僕とは話さなくなりました。話し掛けてこないのは勿論のこと、話し掛けても反応はありません。
来年も付き合わされたらたまらないと思ったのでしょう。
僕もそれを察して話し掛ける事をやめました。
周りを見ながら、もう少し合わせれば良かったのかなと、今は思います……が、全力でやるべきことをやったあの学園祭にも、話さなくなった友達たちにも後悔はありません。

次回への対策

空気を読むのは大事です。けれど、何が一番大事か。その時は辛くても、後に自分が後悔しない方法を選ぶべきです。

コメントを残す