偽りの自分を演じても、ロクな事にはならない


女性 25〜29歳 在宅ワーカー

自分は大人しくて暗い性格をしているのだが、友だちをたくさん作りたいという思いがあって、高校に入学した直後は本来と真逆な性格の人間を演じてしまった。最初は上手くいっていたのだが、少しずつ演技をしていることがバレていき、「最初は明るい子だと思っていたのに、変な子」と思われて、結局失敗してしまった。性格はすぐに変わるものではないので、無理にキャラを変更しても必ず分かってしまう。最初から大人しい子でいれば、変人とは思われなかったと思う。

次回への対策

周りから好かれたいと思う気持ちは誰にもあると思うが、本来の自分を偽っても必ずバレて失敗してしまう。本来の自分を受け入れ、その自分を認めてくれる人を探した方がいい。

コメントを残す