教職課程で不合格とその後


男性 45〜49歳 塾講師

私は語学系の大学に通っていました。中学・高校の教員免許を取得しようと思い、教職課程を履修しました。しかし、教科教育法という単位を落としました。その先生は本当に教師になりたい人にしか単位を与えない、3分の1以上は落とすと最初の授業で宣言しました。再履修したくても、既に卒業単位を満たしていたので留年することもできませんでした。大学にお願いし、新たに聴講制度を作ってもらい、一旦卒業してから一年間大学に通わせてもらいました。そこまでして教員免許を取得したのは、数十人不合格した中で私を含めたった2人でした。

次回への対策

先生は、ただ資格が欲しいだけの人には教員免許を与えませんと言いました。その職に就きたいのであれば、本気で努力しなければならないと思います。私の通った大学は語学系でしたので、外国人教師がたくさんいましたが、日本の大学生が勉強しないことをいつも嘆いていました。

コメントを残す