体調は万全にして臨みましょう


女性 20〜24歳 会社員

高校は地方に住んでいまして、東京の一般大学受験をするために東京の親戚宅に一週間宿泊して受験に臨みました。
それまで東京には何度か遊びに来ており、路線の乗り継ぎや人の多さには多少なりとも慣れていたのですが、
あちこちの大学を受験するためには朝から動く必要があり、とてつもない朝の満員電車に圧倒され、また試験のストレスから高熱を出してしまいました。
親戚の叔母にはだいぶ心配をかけ、案の定試験は熱のためぼーっとして集中して解くことが出来ませんでいた。
何とか滑り止めの大学に合格して無事に進学できたのですが、体調は万全にして臨んだほうがベストですね。今でも自分の教訓となっています。

次回への対策

試験会場はあらかじめ下見をする。(試験時間に合わせて同じ時間に出て慣れておくといいですね)
また風邪には十分注意する。手洗いうがいをしっかりと。

コメントを残す