過去問を解かない失敗


女性 30〜34歳 家事手伝い

法律系の資格勉強をしていましたが、不慣れな言葉も多いし問題の内容もつかみにくく、テキストばかり読んでいました。
過去問を解くことはとても大事だとよく聞いてはいたのですが、解こうにも何を言っているのかわからないし・・・という状態で、結局ずっとテキストを読むことから離れられませんでした。
試験直前にやっとテキストを1週し過去問に着手しましたが、問題を解くのに必要なスキルが全く身についていなかったため、言っていることはわかるのに解ききれませんでした。
知識を得ることは出来ていたのに、資格に合格するための勉強になっていなかったことを痛感しました。

次回への対策

絶対に最初に過去問を解くことをおすすめします。たとえ何を言っているのかさっぱりわからなくても、宇宙人の言葉を読んでいるような気になったとしてもです。
どんどん解いて1周する頃には、自分の受ける資格試験では何が求められているのかわかるようになります。
そのあとにテキストを読めば、どこに重点をおいて読み込めばいいかが分かるようになり、力の配分が出来るようになります。
テキストには様々な情報が詰め込まれていますから、過去問を解き自分で重要度の高い知識をピックアップして効率よく学ぶことが大切です。

コメントを残す