司法書士試験に当然のごとく落ちる


男性 40〜44歳 会社員

年収で1000万円以上稼げる、簡単に独立出来るという安易な理由及び、大学が法律学部出身のため司法書士を目指すことにしました。
早速専門学校に入りました。最初は頑張っていましたが、しだいにつまらなくなり、勉強をサボるようになりました。2か月ほどして専門学校に通わずに、映画館に行くようになりました。当然授業についてこれず専門学校に通う頻度が少なくなりました。
受験が始まる2か月ほど前に、専門学校の自習室に行って独学で勉強しましたが、時すでに遅し。

ほぼちんぷんかんぷんの状態で受験して、当然落ちました。
良い思い出ではなくて、遺憾千万、後悔しています。

次回への対策

お金が稼げるなど、安易な理由で勉強しない方が良いです。実際に試験に合格しても、すぐに大金を得れる資格はないです。

いろいろ調べて自分に向いた資格を選ぶ方が良いでしょう。

コメントを残す