漢字検定の試験に合格したと思ったら


男性 40〜44歳 会社員

小学生の頃から漢字を学ぶのが大好きで、漢字のテストではかなり良い点数を取っていました。大人になって恐らく余裕だと思って、漢字検定の2級を目指すことにしました。なぜ2級かというと、準1級レベルだと難しくて時間がかかること、また不合格になると確信したからです。
軽く勉強していれば良いと余裕に構えていました。

問題集を購入しましたが、苦手な四字熟語などはほとんど勉強しませんでした。
その四字熟語がネックとなり試験に落ちました。

次回への対策

どんな資格試験でも手を抜かずに真剣に勉強することです。そして、苦手な分野は徹底的に勉強することも必要です。

コメントを残す