危険物取扱者資格試験での失敗


男性 25〜29歳 製造業

私は以前、工業系の高校に通っておりました。
その時に様々な資格を取る機会があったのですが、
今回は危険物取扱者の資格試験で失敗した内容を書かせて頂きます。危険物取扱者には資格の取りやすさ別で丙・乙・甲の順に3つに別れています、その中で乙の資格を取るのが一般的だと思われます、乙の資格ではさらに取り扱う危険物の種類により6つに分類されており
(乙1〜6類)、乙4類の資格を取得するとその他の資格試験を受験する時に免除される問題もあったりします。
また、複数の資格を同時に受験する事も出来るようになります。しかしこの同時受験が落とし穴になってしまいました、試験問題の免除や乙4類を取得した自信もあり
同時に受験しても簡単に受かってしまうだろうと言う
考えが自分の中にあり、3つの資格を同時受験し結果として2つの試験に落ちてしまいました。

次回への対策

危険物取扱者の資格試験は同じような数値や用語が
それぞれの種類で多数出てきます、同時受験をすると
ごちゃごちゃになって覚えてしまうので、1つに絞って受験したほうが確実ですし、次の試験を受ける時のモチベーションも下がらないと思います。

コメントを残す