「とりあえず教科書を読もう」は危険!失敗のもと!


男性 15〜19歳 大学生

私が高3のころ、日本史のセンター試験対策のため教科書を最初から最後まで読み直すことにしました。ページを区切って頭の中で整理したりノートにまとめたりして読み進めたのですが、全て読み終わったころにはセンター試験まで1ヶ月もない状況でした。十分に過去問をとる時間が取れずセンター試験に臨むことになりました。案の定、日本史の点数はとても満足できるような点数ではなく、結局第一志望の大学は諦めることになりました。あのころ自分はかなり効率の悪い勉強をしてしまったんだなと今でも後悔しています。

次回への対策

科目によって試験対策は異なると思いますが、日本史の場合過去問を多く解いて傾向をつかんでから教科書に取り組んだほうがいいと思いました。そうすれば、重点的に勉強したらいいところが分かると思います。

コメントを残す