自分の勉強スタイルへの過信での失敗


男性 15〜19歳 大学生

高校時代私には自分と同じくらいの成績の友人がいて、模試がある毎にどちらが点数が高いかを競っていました。ある時、模試で成績を見せ合ったとき私と友人どちらも英語の点数が低いことがありました。その模試では二人とも文法の問題でつまずいていて、これではまずいと思った友人は「先生に勉強のやり方聞きにいかない?」と私を誘ってきました。しかし当時の私は自分の勉強スタイルが一番だと信じていたので友人の誘いを断り、友人だけ勉強のやり方を聞きに行きました。その後、ちょっとずつ模試の成績に差が出始め、センター試験直前の模試には英語だけで40点くらい差をつけられました。そして、友人は無事に第一志望の大学に合格し、私のことは言うまでありません。

次回への対策

コメントを残す