塾に通っているから平気という慢心での失敗


男性 20〜24歳 自営業

中学生の頃、僕はあまり家で勉強をしなかったが、一年生の時はそれでも成績は結構良い方だった。しかし二年生になると、だんだん苦手な科目が顕著になりテストでも低い点をとりはじめるようになる。すると、親が塾に通うよう言ってきた。最初は拒否していた。面倒だったからだ。しかし、だんだん高校受験のことを考えるうちに怖くなり塾に通うことを決めた。塾には学校の友達がたくさんいて、休憩時間など楽しかったが、授業は学校より難しかったせいもあったし、やはりどこか親に行かされていると思うとあまりやる気も出ず、頭にあまり入ってこなかった。しかし、塾に通っているというだけで勉強をしている気になっていた。が、学校のテストで良い点が取れない。でもその時は何がいけないか分からなかった。結局高校も少し偏差値のランクを落として受験した。

次回への対策

コメントを残す