緊張と腹痛で集中できなかった失敗した中学受験


男性 20〜24歳 大学生

私が失敗したのは中学受験当日のことです。決して万全とは言えませんでしたが、それまでの人生の中では他に類を見ないほど勉強し、臨んだ中学受験当日、張り詰めた空気に私は飲まれてしまいました。そのあと、教室に入ってから受験番号順に座っていることに全く気付かず、他の受験生からそれを指摘され、焦りはピークになりました。また、冬という事と、持ってきた上着が比較的薄いものだったこと、その学校の暖房設備が比較的手薄だったことから、体が冷え、腹痛になりました。途中で一回手洗いに立ち、席に戻ると十分ほど経過しており時間がないこともありすっかりパニックになりました。その休み時間に周囲がそんなに難しくなかった、と話しているのを聞き、精神的にもダメージを受け、最後の教科はほとんど記憶にないほど憔悴してしまいました。このときはかろうじて受かりましたが、このことから私は場の空気に絶対にのまれてはならない、と感じました。

次回への対策

コメントを残す