音大受験の家庭教師の先生との失敗


女性 40〜44歳 主婦

私は中学、高校と将来のことをあまり考えず過ごしてきました。高校は普通科高校3年の時に進みたい方向が決まりました。ピアノを弾くこと音楽が好きなので音楽に携わる仕事したいと思い音楽大学を受験しようと決めました。そこで音大に通う大学生を友人に紹介してもらいピアノの家庭教師と先生としてきてもらう事になりました。先生が来て3ヶ月、私の覚えが悪くて先生が突然来なくなり、音信不通となりました。友人に聞くと先生は普通通りに大学に通ってる模様。結局音大受験としてのピアノレッスンをしてくれる先生が見つからず、独学で勉強し受験しました。ピアノの実技試験が終わった瞬間、試験員の方からあなたピアノは受験前に習った?私が独学で勉強した事を話すと、試験管の方が、でしょうね!ちゃんと習って受験しなさい!と、その場がピリピリ険悪な雰囲気に。結果ですが、受験は合格し入学しましたが、試験管の方は教授と講師でした。初講義の時、試験官だった教授、講師からあの時の演奏は酷かったとか、落とすかどうか意見が割れてたとか、あっあの時の子ねとかが第一声で悪い印象与えてしまいました。ちゃんと練習しとけば良かったです。本当失敗しました。

次回への対策

コメントを残す