資格試験に失敗した理由


女性 30〜34歳 家事手伝い

資格を取りたいと思っても、学校や仕事に行くことで精一杯になってしまい、疲れて勉強をする気になれなかった。あと数点で合格というところでいつも失敗しており、勉強しなくても運が良ければ合格するのではと甘く見ていた。
いつも愛用している会社の参考書や問題集は、合格者の大半が使っていると耳にしたので、継続して使っていたが、なかなか勉強する気になれなかった。なかなか合格できずに何年もたってしまったので、試験内容が改定されたと同時に参考書を何冊か買い換えたが、勉強のやる気の有無は参考書の内容やデザインにも左右されるのではと思った。

次回への対策

仕事や学業的に資格を取らなくてはいけない場合もあると思うけれど、必ずしも持っていなくてはいけないのか、本当に取得したいのかを考えて取り組んだ方がいいと思う。心から取得したいと思うなら、忙しくてもどうにか時間を作って勉強すると思うし、誘惑にも負けないと思う。
スケジュールがつめつめでないと落ち着かない人は、資格が欲しいならどれか予定を諦めて今は勉強に集中した方が、合格率はアップすると思う。

コメントを残す