受験校のリサーチを怠ると・・・失敗につながります


女性 15〜19歳 大学生

大学受験での失敗事例です。
私は高校3年生の時,受験校を決めました。それまでは漠然と「こういう系の仕事がしたいな」と考えていたので,そのような分野の勉強ができる学部を,と考えていました。(国際関係などの分野です)
いざ志望校を決めなければならないとなったとき,「国際」という文字が学科名の中に入っているから私がやりたい国際関係の勉強ができるだろう,という思いで,志望校を決めました。
いざ大学受験をし,無事に志望校に受かりました。受かって実際に授業を受けてみたものの,何かしっくりきません。自分の本当にやりたい勉強とは違ったのです。あとあとよく調べてみると,この大学の違う学部(全く「国際」という文字の入っていない学部)に,自分が本当にやりたい勉強ができるところがあることを知りました。
高3の時,もう少しだけよく調べていたら,自分の入る学部を間違えることはなかったかと思います。
進路決定において,自分の意思決定をするためのリサーチは十分すぎるほどすべきだと痛感しました。

次回への対策

コメントを残す