書き写すだけのダラダラ勉強は、勉強になっておらずで失敗


女性 35〜39歳 アルバイト

私は高校を中退してから3年ほど経ったころに、大検(今で言う高卒認定試験)の資格を取るために勉強を始めました。
通信制の学校だったため一人で自宅で勉強をしていたのですが、まず教科書に書いてある内容のどこをどう切り取ってノートにまとめれば良いのかが分かりませんでした。
その結果、結局は教科書に書かれてあることを丸々ノートに写すだけになり、内容が頭に入っていないことが多く効率も悪かったです。定期的に出すレポートの結果も散々なものでした。これではとてもじゃないけど試験に受からないと思い、まず何を一番覚えなきゃならないのか考えるところから、勉強をやり直しました。おかげで、当初の予定より一年半ほど長く通信学校のお世話になりました。

次回への対策

教科書を手に取って見ると、そこに書いてあるものすべてが重要なことに思えることがあるかもしれません。
でも、一番大きい見出しをポイントにして、そこに至るまでの過程がどういうものなのかをまとめることが大事なのだと思いました。
矢印を振って時系列に並べてみたり、自分が分かりやすいような表を考えてみたりして、パッと一目で分かるようなまとめかたができれば合格も近いと思います。

コメントを残す