大学受験で合格して天狗になるより失敗したほうがいい


男性 45〜49歳 会社員

人生では何度か挫折を味うことが大切です。大学受験の失敗は小さなことですが、その時は大地が割れるようなショックを受けます。しかし時を置くと、失敗したからといってこのまま人生を低空飛行で行くまいかという反骨精神が生まれます。大学受験でうまくいっても人生は簡単ではありません。大学受験といった早い時期に挫折を味わうほうが胆力がついて強くなります。大学受験の失敗は心の栄養になります。失敗して強くなることははっきりしています。

次回への対策

人生は早いうちに挫折を味わうほうが幸せになります。40代や50代になって初めての挫折に出会う人が少なくありません。家族もあり、社会的な地位もあり大変なことになります。若いうちに挫折に何度でも出会いましょう。

コメントを残す