受験勉強は日々の勉強の積み重ね!


女性 30〜34歳 専業主婦

受験勉強は高校3年生になってから始めようと勝手に決めていました。高校1、2年生の頃は、テスト週間以外は一切勉強していませんでした。テスト勉強は一夜漬けで丸暗記していたので、いざ受験勉強を始めてみると、記憶に何も残っていないことがわかりました。大学についても何も調べていなかったので、受験科目や大学のレベルなどが全然わかりませんでした。何となく国公立大学へ行きたいという思いはありましたが、受験科目の多さや模試で結果が残せないことなどから、秋になってやっと私立大学への受験に切り替えました。私立大学に絞ってからは、英語、国語、日本史に絞って根気強く勉強を始めました。大学のオープンキャンパスにも参加して、気持ちを高めたり、過去問をひたすら解いたりしながら、何とか合格することができました。ただ第一志望の難関私立大学は、自信がなくて受験の申し込みすらできませんでした。もっと早くから受験勉強を始めていれば良かった、と今でも後悔しています。

次回への対策

高校3年生からの模試は浪人生も参加しますし、国公立大学や難関私立大学へ行きたいという人は、高校1年生のうちから授業をきちんと聞いて、テストで間違えた問題があったらしっかりと復習して、毎日コツコツと勉強するのが一番の受験勉強だと思います。それと同時に、受験科目や大学のレベルなどを前々から調べて置き、オープンキャンパスにも高校1、2年生の段階から足を運ぶといいと思います。

コメントを残す