教科書に線を引きすぎて失敗した


女性 25〜29歳 小売業

「大事なところは線を引きなさい」と、色々な場所で言われます。その教えを守り、教科書の大事だと思われるところを赤や青や黄色のマーカーで線を引きました。しかし教科書を読めば読むほど、どの文も大事な文章に見えます。一応大事な順に色分けをするのですが、結果的に教科書がとてもカラフルになってしまい、どこが本当に大事なのかさっぱりわからなくなってしまいました。一気に教科書に色をつけるのではなく、一度自分で要点を整理してから色をつけたほうが、見直した時に役に立つと実感した経験でした。

次回への対策

コメントを残す