付箋が取れてしまって失敗した


女性 25〜29歳 小売業

大事なポイントを教科書に書き込みたいけど、書き込むスペースがないという時、役に立つのが付箋です。付箋は大小、形状など好きなものを自分で選べて付けたり剥がしたり好きな位置に動かすことができます。ですが、鞄や引き出しの中が乱れている時、教科書に貼った付箋が剥がれてしまうことがあります。一体何ページの要点だったのか、分からなくなってしまいます。そういうことが何度かあったので、付箋を貼り付ける時には付箋の端か後ろにページ数を小さく書くことにしました。勉強を学ぶための方法の一つです。剥がれた時の余計な手間を省いてスムーズに勉強を進めることができるようになりました。

次回への対策

コメントを残す