「この時間まで勉強する!」と決めて失敗した話


男性 15〜19歳 大学生

「勉強時間を決めて失敗した話」です。中学生の頃は塾へ通っていましたが、高校は家から遠いために塾へ通うことができませんでした。そのため、自分で勉強する必要がありました。そこで、高校1、2年のころは中学の塾に倣って「この時間までやるぞ」と決めて勉強を進めていましたが、なかなか成績が伸びません。
それもそのはず、この勉強方法は高校の学習内容に対して効果的ではなかったのです。中学の勉強は、そこまで濃い内容ではないので、短い時間でも1分野を終えることができました。(例えば、英語の不規則動詞を覚えるなど)しかし、高校の内容は密度が高く、分量も多いです。時間を決めてしまうと、勉強を中途半端にしたままおわらせてしまうことになります。これがいけなかったのです。

次回への対策

「タスク形式」にするのが良いと思います。一日にやる問題を、「このページの○番まで終わらせる!」と決めるということです。私は高校三年生でこの方法に変えて、無事成績が伸びて国立大学に合格することができました。成績が伸び悩んでいたら、ぜひ試してみてください!

コメントを残す