3点。だけど大きな3点


男性 25〜29歳 アルバイト

私は学生時代、情報の科目が得意で資格をとることができる講義を受講していました。情報の資格というと、日商PC検定になるのですがその中のWord・文書作成の資格を取得しようとしていました。もともとレポート作成などでWordを使用することが多く、苦手意識もなかったので講義さえしっかり受けていれば楽勝だろうと高を括っていたのですが……。迎えたテストの日。意気揚々とPCの前につきいざスタート。ふん、楽勝だぜ。後日そこには不合格と表示された結果が。なんと実技試験の点数が3点足りなかったのです。テスト内容は実技と知識。どちらも基準に達すれば合格なのですが、知識は9割に対し実技が微妙に足りていない始末。悔しくて恥ずかしくて、それ以来Wordに触るのが嫌になりました(笑)。いくら楽勝と思っても力が実際ついているかは別問題。油断大敵とはこのこと。テストや資格試験に関しては慎重すぎるくらいが丁度いいと学ぶことができただけよかったとしましょう。

次回への対策

油断大敵、おごることなかれ。自分自身の過信が一番の敵です。なにがあっても慎重すぎるくらいで丁度いいのです。右見て左見てもう一度右見て左見て。そうしてから横断歩道は渡りましょう。

コメントを残す