理解する、と問題が解けるは別!


女性 30〜34歳 専業主婦

履歴書の資格欄に書くものが欲しくて試験での資格取得に力を入れていた頃です。特に目指す職種はなく、まずなんでもいいので資格取得を目標としており、内容に興味が持てるかどうかで受ける資格を決めました。参考書や関連書籍は面白く、もともと活字好きだった私は飽きることなく試験範囲をカバーできる書籍を読んでできるようになった気でいました。
それが実際試験を受けてみると問題が解けない!理解している範囲の問題でも不正解であることも。
内容を理解していても問題に対する答え方や試験問題の場合の読み取るべきポイント、ひっかけ等へ対応できず不合格となりました。

次回への対策

どんなに知識を蓄えていても、過去問は必ずやるべきだと思います。ペース配分や問題形式のパターンがわかっているだけでとまどわずに集中することができます。

コメントを残す