海外の超安宿にはそれなりのワケがありました・・・


女性 25〜29歳 会社員(メーカー)

卒業旅行で訪れたカンボジアで泊まった安宿が失敗でした。学生時代はバックパッカースタイルが基本で、ヨーロッパや中東、オセアニア、南北アメリカの各地でユースホステルやゲストハウスなどの安宿に泊まっていました。当時経験的に海外は安くても便利できれいなホステルがたくさんあるように思っており、カンボジアのシェムリアップへアンコールワット観光へ訪れたときも、事前にインターネットの予約サイトで安い順の一番上に出てきた宿を少し写真などを確認してぱぱっと予約してしまいました。2人部屋が1泊7ドル。当時の日本円で1人350円で安くてラッキーと思っていました。ベトナムから長距離バスで向かう予定だったのですが、時間を連絡すれば予約に来てくれるとのことだったので安宿なのにホスピタリティもあっていいところだなぁとまで思っていました。しかし、実際に向かってみると、事前に電話連絡し、さらにバスが遅れてしまったため途中でも遅れる旨を伝えていたのにバス停に迎えはいませんでした。着いたのが深夜ごろだったこともあり、他の観光客や地元のバス利用者はトゥクトゥクなどに乗ってあっという間にいなくなってしまい、バスの運転手と一緒に旅行していた友人と3人だけに。運転手に宿に何度も電話してもらいましたが、応答せず、運転手ももう帰ると言いだし、途方に暮れてしまいました。バス停からホステルまでの距離感が全く分からず、結局近くの星付きのホテルの前でおろしてもらうことになりました。そこのレセプションで事情を説明すると、ホテルが信頼を置いているトゥクトゥクを呼ぶからそれに乗って宿に向かいなさいと言われました。そのトゥクトゥク代が5ドル・・・。ふたを開けてみると、そのホステルはシェムリアップのはずれにあり、アンコールワットへ行くにも街中で観光するにもトゥクトゥクで毎回数ドル払わないといけない距離なのでした。さらに町の中心部の高級に見えるホテルも2000円くらいだせば十分に泊まれるという話をアンコールワットを見学しているときに出会った日本人から教えてもらい、なんだかショックでした。1泊7ドルにつられてしまったがために、2泊してトゥクトゥクに支払った料金は20ドルを超えていまい、結局中心地のホテルより出費が上がってしまいました。

次回への対策

まずは滞在するエリアの宿代の相場をしっかりと把握しておくことが必要です。とくに東南アジアなど物価が安いところでは星付きのホテルでもかなり元値が安いこともあります。そして予約する前に場所をしっかり確認しておくこと。その2点をおさえることでこのような失敗は防げると思います。

コメントを残す