イタリアのホテルの屋上に閉じ込められた


女性 35〜39歳 主婦

大晦日の夜、花火が上がっていたイタリアローマ。ホテルから花火が見えないかと、ホテルを彷徨っていたら、屋上に続く階段にドアがあり、簡単に扉が開きました。少しだけ覗いてみるつもりが、あまりに花火が綺麗でつい屋上に出てしまいました。
バタンとドアの閉まる音がして、ハッとしてドアを開けようとするも、開かず、階段側からでないと開かないドアだということに気づきました。小一時間閉じ込められ、ヘルプミードア下階の窓に向けて何度も叫ぶと、アメリカ人の宿泊客がホテルのスタッフをつれてドアを開けてくれました。おかげで助かりました。そしてものすごく怖かったです。

次回への対策

外国に来たらこんな無防備なことは絶対してはいけません。日本のつくりとはちがうので、油断せず1人で誰も来ないようなところは、行動してはいけないと思います。

コメントを残す