慣れない車で、飛行機に乗り遅れそうに


女性 30〜34歳 フリーランス

彼と出かけた、2泊3日の小旅行。自宅から飛行機で目的地へ。現地について前もって予約していたレンタカーを受け取り、2人でプランもあまり決めず自由に旅行を楽しみました。予約したレンタカーは普段乗っている車とは全く違うタイプで、自家用車の買い替えも考えていたので、以前から乗り心地を試したいと思っていた車を選びました。しかしこれがあだとなりました。普段乗っている車は、ハンドル後ろの方向指示器を変更する場所にライトの消灯部分があるのですが、今回借りた車は、エンジンキーを差し込む横にあるボタンを回して消灯するタイプでした。2日目の夜、私たちは夜遅くホテルに戻り駐車場に車を停めました。翌朝、昼のフライトに間に合うように、またレンタカーを返却する時間の余裕を取り、車で空港に向かおうとし車に向かいました。その時車に意見を感じたのです。普通なら車のキーのボタンでドアのロックが外れるのに、開かないのです。幸いキーを差し込んで開けれるタイプでエンジンをかけようとしますが、かかりません。そこでようやく、昨夜ライトを消し忘れバッテリーがなくなっっていることに気付きました。すぐにレンタカー会社に電話し事情を説明し、救援に来てくれることになりましたがその時間と空港までの時間等を考えたら、本当に飛行機に間に合うか間に合わないかのぎりぎりの時間でした。たまたま近くに駐車していた人が、ケーブルを持っていて応急処置としてバッテリーを分けてくれることになり、レンタカー会社の救援を待つことなく出発でき、難を逃れ、無事飛行機にも間に合いました。

次回への対策

コメントを残す