旅行とはリスクを負うもの。


男性 30〜34歳 会社員

主人の話です。5年前の東日本大震災の際、会社の旅行で海外に行っておりました。帰国する2日前に震災が起こり、海が近くの空港に停めていた主人の車は津波で流されてしまいました。ようやく落ち着いた時期になって、流されてしまった車の保険を適用しようと思い保険会社に連絡を入れたところ、津波などの自然災害は保険金の請求が対象外という驚愕の事実を告げられました。自然災害に対応した特約を付けられる保険会社もあるようですが、特約料もそれなりだそうです。旅行に行くということはそれなりに何かしらのリスクを負うものですね。

次回への対策

自然災害に勝つことは出来ませんが、旅行時に少しでもリスクを減らすことが大切だと思いました。もちろん、保険の特約という選択肢もありますが、今回であれば空港に電車やバスで行っていれば津波の被害に合うことはなかったわけです。リスクの細分化も重要です。

コメントを残す