海外での時差に気づかず失敗した話


男性 45〜49歳 自営業

はじめて海外旅行へ行った時の話です。行先は香港で、仕事仲間と行く気楽な旅でした。旅行前日まで持ち物を何度もチェックし、万全の状態で出発したつもりでした。香港に到着してからは、日本とは違う街並み、自然、食事など見る物すべてが新鮮に感じました。初日から観光スポットをあちこち回ったため、一日が終わる頃にはすっかりくたびれてしまいました。翌日のスケジュールは朝6時に集合となっていたので、5時30分に目覚ましをかけ眠りにつきました。翌日、予定通りに起床し集合場所のロビーへ行きました。しかし何分待ってもロビーにいるのは私1人だけ。おかしいと思い友人の部屋を訪ねてみると、いかにもまだ眠っていたという様子で出てきました。私が集合時刻の6時を過ぎていることを伝えると、友人からは意外な返答が。「まだ5時10分なんだけど…」。私は完璧に準備をしていたつもりでしたが、時計の時刻を現地時間に合わせるのを忘れていました。そのため1時間も早くから行動をはじめ、友人にも迷惑をかけてしまいました。今ふりかえると、とても恥ずかしい思い出です。

次回への対策

あまり時差がない地域に行くと、時計を調整するのを忘れがちです。同じような失敗をしないよう注意して下さい。

コメントを残す