私たちはリッチなジャパニーズマダム?


女性 45〜49歳 会社員

以前友人とニューヨークにカウントダウンをしに行った時の話です。基本的に移動は地下鉄だったのですが、その日はカウントダウンの為急いでいたのでタクシーを使いました。交通規制が敷かれていたので目的地には辿りつけず、料金は5ドル程度でした。チップをも距離的に1ドル程度でいいと思いましたが、大みそかという事もあり10ドル支払い、残りをチップにしました。すると、ドライバーが嬉々として、私たちが降りた後も窓から顔をだし「サンキュー、マダーム、サンキュー!」と叫んでいるではありませんか。もちろん通常のチップより割高なので喜ぶのは分かります。でも喜び過ぎじゃない?と友人と話していました。その夜、なぜそのドライバーがあんなに喜んでいたのかが分かりました。私と友人は共同財布を作り、友人がそこから食事や交通費を支払っていたのですが、100ドル足りないと言いだしたのです。どうも10ドル札と100ドル札を間違って支払ってしまったようなのです。ショックは受けましたが、この程度の失敗談ならのちのち笑い話になりますし、今では良い思い出となっています。

次回への対策

コメントを残す