旅行雑誌で選んだ宿へ行ってみれば。


男性 50〜54歳 自営業

これは北陸の有名な温泉街の中にある温泉宿へ行った時の出来事です。これも有名な旅行・旅雑誌ですが、この雑誌をくまなく読んで今回はその宿へ予約をし、家族で出掛けました。雑誌に写るその宿は「和風感漂う老舗旅館」という感じ、良さそうです。また宿のサービスが「家族貸切風呂無料」「お酒が1本無料付」とありました。お値段も良心的です。期待を込めて行きました。現地に付いてまず感じたこと。それは「写真に騙された」ということです。玄関周り部分の豪勢なところだけが上手く撮られていて建物全体は至って普通の「民宿風」そして宿のサービス「家族貸切風呂」ですが、写真では大きく浴槽が写っていましたが、これも実際は「古くて小さい」風呂。そして希望の時間は予約で使えないとの返事。近くに共同温泉所があり、やむなく私たちはそこへ入りに行きました。そして食事での「お酒1本サービス」もありません。催促するのもおこがましいので結局そのまま食事は終えました。そして最後のビックリです。何と泊まる部屋は「別棟」だと言うのです。歩いて3分ぐらいの場所にあったその部屋はほぼ「民家」そして隣の部屋とは「襖」での仕切りです。窓も開けられない部屋でした。値段がリーズナブルな理由が何となく分かったのですが、チェックアウトでまたビックリです。サービスであった「お酒」(結局運ばれてこなかった)の代金が込みであったり「サービス料」という名目で代金が上乗せされているではありませんか。頭にきましたが一旦お支払いを済ませ、帰宅してからこの内容を全て雑誌社へ報告しました。数日後、手書きによる「謝罪文」と差額代金(広告掲載での宿泊代との差額)を振り込みしていただきました。これだけ有名な雑誌なので信用していましたが、こういう「ハズレ」もあるのだと思い知らされました。しばらくしてその雑誌を本屋で見かけましたが相変わらずその宿は掲載されていました。それからというもの、宿を選ぶ時にこの雑誌を利用したことはありません。

次回への対策

コメントを残す