肝心なものがない?!?


男性 55〜59歳 会社員

あれは、3年ほど前の夏の日のこと。
久しぶりに休みが取れたため、週末に佐渡島でダイビングでもしようと思い立ち、いそいそと二泊三日の宿泊先の予約、三日間のダイビングの予約、行き帰りの佐渡汽船の予約を行ったのでした。
出発当日の朝、ダイビング機材、水中撮影用のカメラ、着替え等を車に積み込み、フェースブックに行ってきますの挨拶を上げ、意気揚々と佐渡島に向かって車を発信させたのでした。
道中何事もなく、佐渡島に到着した私は、顔馴染みのダイビングのダイビングショップに車を進めました。ダイビングショップで到着の挨拶と申し込み書の記入を終えた私はダイビング機材を車から下ろそうとしたとき気づきました。 あ?! ウェットスーツがな〜い!!
そ、そうういえば両津港で“到着したよ!!“をアップしたとき、何か写真の色味が地味だな〜と思ったのは蛍光イエローのウェットスーツでした。
ポンポコお腹の私にはお店のウェットスーツがなんて入るはずがありません。 当然ながらダイビングは取り止め、それでもスキンダイビングで水中写真はとりましたが、私のフェースブックは空も海も、そして私の心もブルーな佐渡ダイビング日記となりました。

次回への対策

ダイビングを初めて10年以上、器材を積んで車で移動すること100回以上で慣れた準備のはずでしたが、慣れた作業ほどチェックが必要だと思います。
チェックリス等作っておけば良かったのですが。

コメントを残す