海外での変圧器仕様はややこしい!


女性 30〜34歳 フリーター

わたしは無類のお米好きで、海外に行く際には現地でお米が食べれるかが大きな心配の1つです。そのため、オーストラリアへの短期留学の際には日本から炊飯器とお米を持参して準備万端で臨みました。荷物の重さ制限なども鑑みて、また、家電製品ということもあり、リュックの中に炊飯器を入れて渡航しました。少量炊き用のものといってもなかなか、重さもあり、やっとの思いでオーストラリアに到着。いざ、お米を炊こうと、炊飯器と変圧器をつなぎ炊飯開始!しかし、待てど暮らせど炊けないのです!
後から分かったのですが、炊飯器は消費ワット数が大きく、1000w用の変圧器が必要だったそうです…。わたしが使ったのは70w…とほほ。

次回への対策

海外でどのアイテムを使うか、消費電力はいくらぐらいかをしっかりと調べて変圧器を購入しないと、結局使えずじまいになってしまいます。少し手間になっても、旅先での快適さのためによく調べましょう!

コメントを残す